アインホールディングス M.N.さん 写真 アインホールディングス W.U.さん 写真

未経験からスタート!
楽しく働きながら医療事務を勉強中

M.N.さん(20代)2018年4月入社 医療事務

アインホールディングス W.U.さん 写真

スタッフがイキイキと働いていて印象的でした

大学を卒業し美容部員をしていましたが、その頃よくお薬をもらいにいっていたのが近所のアイン薬局でした。アイン薬局はいつ行ってもスタッフの皆さんがイキイキと働いていて印象的でした。また、皆さん私の話を親身になって聞いてくれて、信頼のおける調剤薬局だと思っていました。その頃、私は美容部員の仕事が楽しくなくて転職を考えていたのですが、アイン薬局なら楽しく働けそうだと感じました。大学時代は医療系の学科を取っていて、医療事務の仕事も大まかに知っていて興味があったこともあり、アイン薬局で医療事務をしたいと思いました。資格がなくても働きながらスキルを身につけることができるという点もアイン薬局で医療事務をしたいと思った理由です。そして、アイン薬局の医療事務の求人を探して応募しました。

アインホールディングス W.U.さん 写真

職場は皆さん仲が良いので働きやすい!

私の勤務しているアイン薬局は薬剤師も医療事務も全員女性スタッフです。学生時代バスケットボール部に所属していたので、女性ばかりの雰囲気に慣れているということもありますが、アイン薬局は明るく元気な方が多いので楽しいです。また、20代~40代と幅広い年齢層の女性が勤務していますが、皆さん仲が良いので働きやすいです。医療事務の仕事はまったく未経験でしたが、先輩スタッフは私のスキルに合わせて段階を追って仕事を教えてくださっているので、業務の中で自分の成長を感じられます。先日業務知識についてのテストを受けたのですが、解ける問題が増えているのを実感できてうれしかったです。また、受付や会計で患者さまとお話するのも楽しく、仕事のやりがいになっています。

アインホールディングス W.U.さん 写真

患者さまの気持ちにしっかり寄り添える医療事務スタッフに

これからの目標は、患者さまの気持ちにしっかり寄り添い、安心感を与えることのできる医療事務スタッフになることです。そして、患者さまに「あなたがいるから、この薬局に来る」と思ってもらえるようになりたいです。そのためには、まず仕事を覚え、勉強を重ね、知識を増やさなければなりません。また、技術だけでなく接客応対にも今以上に気を配りたいです。たとえば患者さまにお声をかけられた場合、どんなに忙しくても手を止めて、お顔を見て丁寧に会話し、ハッキリした声でゆっくりと優しくお話するなどです。常に患者さまの状態を察してベストな対応ができるように成長し、将来は医療事務スタッフのリーダーとして、店舗を引っ張って行けるようになりたいです。そして、楽しいこの職場でずっと働き続けたいです。

アインホールディングス Y.Y.さん 写真 アインホールディングス Y.Y.さん 写真

福利厚生も研修も充実!
人間関係も良好で働きやすい調剤薬局

Y.Y.さん(30代)2014年9月入社 薬局長・薬剤師

アインホールディングス Y.Y.さん 写真

友人がアイン薬局の薬剤師だったのがきっかけ

前職は、他の調剤薬局チェーンで薬剤師をしており薬局長になったところでした。その頃、会社は新たにプライベートブランドの化粧品を発売したため、店舗ごとに化粧品の売上を競っていました。そして、私が働いていた調剤薬局が売上のトップを取ったことで、薬局長である私は販売員の育成も任されるようになったのです。販売員の育成が忙しくなっていき、薬局長の仕事をする時間がなくなって、残業も増えていきました。そこで、アイン薬局で薬剤師をしていた友人に、仕事について相談をしている時に、アイン薬局の労働環境について教えてもらいました。友人によると、人間関係も良好で働きやすく、薬剤師の研修も種類豊富にあるとのこと。さらに有給も多く、福利厚生も充実しているので、大変働きやすいということでした。

アインホールディングス Y.Y.さん 写真

残業も少なかったので仕事とバンドを両立

友人の話を聞いていてアイン薬局は「従業員のことを考えている、良い会社だな」を思いました。そして、アイン薬局へ転職したのです。私は前職での経験を買われて、入社後4カ月で薬局長になったのですが、薬局長になると仕事も増えて忙しくなると思っていました。しかし、チームワークが良いこともあり、時間内に集中して仕事をすると残業になることはほとんどありませんでした。当時バンドをしていたのですが、リフレッシュ休暇など有給も取りやすかったため、全国ツアーを行うなど積極的に音楽活動をすることができました。昨年春、結婚を機にバンドは辞めてしまいましたが、アイン薬局に入社して思う存分に音楽活動ができたので、辞めることに後悔はなかったです。今は仕事に一点集中し、更なる業務制度の向上に努めています。

アインホールディングス Y.Y.さん 写真

患者さまと医療機関との架け橋にもなる調剤薬局を

2016年にはじまった、かかりつけ薬剤師制度。患者さまの専属の薬剤師となり、薬の飲み合わせや健康状態などについて、24時間対応させていただく制度です。かかりつけ薬剤師になると、それまではあまりお話いただけなかった生活習慣やちょっとした体調の変化についても、ご相談いただけることが増えます。患者さまからお話いただいた情報は、医療機関と共有することにより、これまで以上にしっかりと患者さまの健康をサポートすることができるようになるのです。患者さまと医療機関の架け橋となるべく、アイン薬局は「かかりつけ薬剤師」と活躍するためのフォローを行っています。そして今後より一層、地域の調剤薬局として信頼していただけるように成長したいと思います。